愛媛県EV推進協会 会員特集 バックナンバー
愛媛県EV推進協会会員クローズアップ特集
愛媛県EV推進協会 会員クローズアップ特集

井関農機(株)

「トラクター・コンバイン・田植え機のEV化も検討していますが、田植え機やコンバインは、使用期間が短いので、バッテリの共用化と交換使用を検討しなければならないと考えています。試作EVトラクターもバッテリの取り外しを念頭において設計しました。1社での対応は難しいが、保管・メンタナンスを考えた『電池のレンタル事業』は、新しいビジネスモデルになるのではないかと考えています。

また、北海道の様な広大な圃場でのGPS制御を利用した無人農業機械の検討も行っていますが、無人農業機械は、内燃機関より電動化の方が制御しやすいと考えています。農業機械以外にも制御技術がシニアカーに応用したり、CO2ビジネスであったりと農機ビジネスに広がりをもたらすと考えています。他メーカーへの展開や業界全体として今後、発展していけば良いと考えています。」

-大手企業でもなく、個人でもない立場として、ニッチ市場展開を見据えて、電動農業機械の研究・開発と将来像について、語って頂いた。

会員さんへのお問い合わせ
愛媛県EV推進協会へのお問い合わせ ℡089-960-1132