愛媛県 事業承継ネットワーク

無料電話相談平日8:30~17:15まで

089-960-1127

後継者がいない、後継者教育ができない、先代への敬意や後継者の役割分担、後継者がいても経営者としての素質はあるのか、さらに銀行や取引先との対応、挨拶文、顧客への対応、自社株対策、相続対策、相続税対策、遺留分対策など事業承継は大変なことがたくさん!「まだまだ先」のことでは決してありません!

後継者がいない、後継者教育ができない、先代への敬意や後継者の役割分担、後継者がいても経営者としての素質はあるのか、さらに銀行や取引先との対応、挨拶文、顧客への対応、自社株対策、相続対策、相続税対策、遺留分対策など事業承継は大変なことがたくさん!「まだまだ先」のことでは決してありません!

事業承継とは?

事業承継(じぎょうしょうけい)とは、会社を現在の経営者から後継者に引き継ぐことをいいます。
事業だけでなく、会社の株式(経営権)や諸々の財産、組織、社員なども承継の対象です。中堅中小企業にとって、オーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、「誰」を後継者にして事業を引き継ぐのかは重要な課題です。
そして、事業承継はどんな会社にも、どんな経営者にも必ずいつかやって来る問題なのです。

事業承継の準備に「早すぎる」ということは決してありません。

事業継承を成功させるには、できるだけ早い段階から準備を行っていくことが最大のカギとなります。
事業承継の準備に「早すぎる」ということは決してありません。

また、事業承継をするにあたり、「次の社長を誰にするか」ということだけではなく、会社の経営権そのものの「自社株を誰に引き継ぐか」
「後継者教育をどのようにしていくか」という問題も出てくることになります。

残念なことですが後継者が全くいない場合など、事業承継が無理な場合は廃業するしかありません。

承継の種類

親族内承継
経営能力のある親族が承継する場合、社内外の関係者からも受け入れられやすく、比較的スムーズに承継が行われる。
親族外承継
親族に後継者がいない場合でも、承継の候補者を確保でき、従業員や取引先等の理解も得やすい。
第三者承継
M&Aなど、優良企業に会社を売却することで、後継者問題が解決できる。

事業承継には多くの問題が存在します。ここでは、事業承継の事例をご紹介します。