事業承継とは

事業承継とは、会社を現在の経営者から後継者に引き継ぐことをいいます。事業だけでなく、株式(経営権)や諸々の財産、組織、社員なども承継対象です。

中小企業にとって、社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、誰を後継者にして事業を引き継ぐのかはとても重要な課題。
そして、事業承継はどんな会社にも、どんな経営者にも必ずいつかやって来る問題なのです。早めに事業承継対策に着手することをおすすめします。

事業承継の準備に「早すぎる」ということは決してありません。

事業承継の成功は、早い段階から準備を行っていくことが最大のカギとなります。

事業承継の準備に「早すぎる」ということは決してありません。また、事業承継をするにあたり次の社長を誰にするかということだけではなく、会社の経営権そのものの自社株を誰に引き継ぐか後継者教育をどのようにしていくか、等といった様々な問題も出てくるため、その大変さに辟易する経営者は少なくありません。

後継者がいない、事業承継が難しいといった場合は廃業が現実的になってきます。
詳しくは事業承継に関する調査結果をご参照ください。

 

事業承継には大きく分けて4種類あります。


  • 親族内承継

     


  • 従業員承継

     


  • 第三者承継

     


  • M&A

     

貴社の状況を自己診断してみましょう。

かんたん・迅速・3分で完了!
貴社の事業承継の課題と対策がひと目で分かる!

事業承継のステップ

愛媛県事業承継ネットワークでは
今後10年間を事業承継の集中実施期間と位置づけ
事業承継のステップに応じた切れ目のない支援を行います。