2021年4月16日

エンジニア成長支援事業の募集について

(公財)えひめ産業振興財団では、新技術の習得等を目指す研修会等の開催に対して必要な支援を行っております。

エンジニア成長支援事業について

 愛媛県内で活動するエンジニア等で構成される任意組織(以下「コミュニティ」という。)や県内企業が、新技術の習得等を目指す取り組み(以下「研修会等」という。)に対して、当財団がその開催を支援し、県内人材の育成とそれに伴う産業の振興を図ることを目的とした事業です。

1.支援対象者

 支援の対象者は、次のいずれかに該当する者とします。
(1)1年以上継続的に活動している、または今後1年以上継続して活動することが予定されているコミュニティ。
   (※事業執務に関する会計書類、実績等の記録の管理主体が不明瞭である場合は対象外となります。)
(2)県内に本社、支社または研究開発機能を有する法人、又はそうした法人で構成される任意団体(以下「企業等」という。)
   ただし、次のいずれかに該当する場合は、支援対象外となります。
   ・税金や社会保険料等の滞納者。
   ・民事再生法(平成14年法律第154号)や会社更生法(平成11年法律第225号)などの適用中の者、もしくは手続き開始の申し立て
    をなされている者。

2.支援対象事業

 支援対象となる研修会等は、県内でのコミュニティ、企業等が主体的に開催する研修会等であって、次の全てに該当するものとします。
(1)次に例示する最新技術を習得する機会であること。
   【カテゴリ-】 ・クラウドコンピュ-ティング(サ-ビス、インフラ関係)
           ・セキュリティ
           ・人工知能、機械学習、デ-タ分析・解析技術
           ・IoT
           ・フィンテック
           ・ドロ-ン
           ・自動航行、自動運転
           ・音声認識、多言語音声翻訳、自然言語処理
           ・他社の提供するサ-ビスに係る技術認証の取得を目指す取り組み など

   【要素技術】  ・サ-バ-ア-キテクチャ、サ-バ-レスア-キテクチャ
           ・並列分散処理基盤技術
           ・P2P リアルタイムコミュニケ-ション
           ・深層学習、画像解析
           ・ブロックチェ-ン
           ・ヒュ-マンセッシング
           ・通信ネットワ-ク基盤技術
           ・その他 財団が認める最新技術

(2)技術習得を目指す者が概ね5名以上参加することが見込まれていること。
(3)参加者の3分の2以上が、支援対象者の(1) (2)の構成員であり、且つ過半数が技術習得を目指すITエンジニアであること。
(4)習得を目指す新技術に関して、高い知見、専門性を有する者を講師として招聘すること。

3.支援内容

 支援対象事業として、当財団が適切と認める場合に、講師招聘に要する謝金及び旅費を支援します。
  (講師に係る謝金) ・・・原則として1日当たり10万円以内とし、通算4日分を上限とします。
  (講師に対する旅費)・・・当財団の旅費規程に基づき、算出します。

4.支援の申込み

 支援を受けようする場合、こちらから【様式】支援要請書(様式第1号)研修会等実施計画書(別紙)をダウンロードし、必要事項
 をご記入いただき、当財団に提出してください。

.支援対象の決定

 支援要請書による申込みを受けたときは、支援対象者、支援対象事業、支援内容の各要件を満たしているか当財団で精査し、該当する
 と認める場合は、講師招聘に関する支援を決定します。

6.支援報告書の提出

 支援対象者は、研修会等の実施後2週間以内に【様式】実施状況報告書(様式第2号)を当財団に提出してください。

7.講師招聘に関する謝金及び旅費の支払い

 当財団は、実施状況報告書等の内容を検査のうえ、講師に対して支払うべき謝金及び旅費の額を確定し、講師に直接支払います。

8.受付期間

 令和3年5月1日~令和3年12月28日まで

 

お問い合わせ先

 受付時間  平日 8:30~17:15

 所  在  地  〒791-1101 愛媛県松山市久米窪田町487-2 テクノプラザ愛媛別館1階 施設紹介のページ

         公益財団法人えひめ産業振興財団 総務企画部 企画情報課(担当:中坂、堀田まで)

        089-960-1110     089-960-1107   hotta@ehime-iinet.or.jp